伊予風露(イヨフウロ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

イヨフウロ080813b-l.jpg伊予風露(イヨフウロ)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草である。
本州の東海地方から九州にかけて分布し、山地の草地に生える。
海外では、韓国の済州島にも分布する。
和名の由来は伊予の国(愛媛県)で多く見られることからきており、四国風露(シコクフウロ)の別名もある。
草丈は30センチから70センチくらいである。
茎、花の柄、葉脈の上に毛が生えている。
葉は手のひら状に深く5つに裂け、両面とも毛がある。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月から9月である。
花の色は紅紫色で、色の濃いものと薄いものがある。
花径は3センチくらいで、花弁は5枚である。
花弁のつけ根のほうに白い毛が生える。
雄しべは5本で、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は対になる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」に由来する。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の shikokianum は「四国の」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Geranium shikokianum

★爽やかな風に吹かれて伊予風露
 草原に咲く花は紫

イヨフウロ080813c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2278

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年7月17日 11:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蝦夷九蓋草(エゾクガイソウ)」です。

次のブログ記事は「山牛蒡(ヤマゴボウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0