島蛍袋(シマホタルブクロ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

シマホタルブクロ070623c-l.jpg島蛍袋(シマホタルブクロ)はキキョウ科ホタルブクロ属の多年草である。
関東地方の太平洋沿岸と伊豆諸島に分布し、海岸に近い斜面や岩場に生える。
分類上は、蛍袋(ホタルブクロ)の変種とされている。
伊豆諸島に多いことから「島」の名が冠せられている。
草丈は30センチくらいである。
根際から生える葉は卵心形である。
茎につく葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から7月である。
茎先や葉の脇に釣鐘形の花を下向きにつける。
花の色は白い。
花冠は長さが3センチくらいで基本種に比べて小さいが、花の数は多い。
また、花冠の内側には斑点はほとんどない。
萼片は5枚で、萼片の間の小さな付属体は反り返るものと反り返らないものがある。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Campanula はラテン語の「campana(鐘)」の縮小形で小さな鐘を意味する。花冠の形から名づけられた。
種小名の punctata は「斑点のある」という意味である。
変種名の microdonta は「小さい歯の」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Campanula punctata var. microdonta

★小さくてだけどたくさん花つけて
 海辺が好きな島蛍袋

シマホタルブクロ070623a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2120

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年6月16日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インパチェンス」です。

次のブログ記事は「メドウ・アネモネ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0