ペチュニア

| トラックバック(0)

ペチュニア・オペラサプリームピンクモーン100307a-l.jpg

ペチュニアはナス科ツクバネアサガオ属(ペチュニア属)の多年草である。
ペチュニア属は原産地は南アメリカの固有種で、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイなどに35種が分布する。
同じナス科のタバコ属(Nicotiana)と近縁種である。
日本で主に流通しているのは品種改良された園芸品種である。
この和名を衝羽根朝顔(ツクバネアサガオ)といい、属名の和名もツクバネアサガオ属という。
和名の由来は、萼筒を羽根つきの羽根にたとえ、花が朝顔(アサガオ)に似ていることからきている。
しかし、園芸的にはペチュニアの名で流通しており、YListでもこれを別名として記載している。
英名はコモンガーデンペチュニア(common garden petunia)という。
日本へは大正時代には渡来していたものと推定される。
庭植えや鉢植えとして利用されている。
なお、園芸的には一年草として扱われる。
草丈は20センチから40センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は4月から9月くらいである。
花は漏斗形で、花径2センチくらいの小輪から10センチを超える大輪まである。
花の色は多彩で、白、赤、黄色、青紫色などのほか複色のものもあり、八重咲きもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「心の平安」である。
7月13日の誕生花である。
属名の Petunia はブラジルの先住民の言語で「タバコ」を意味する。
種小名の hybrida は「交配種の」という意味である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
品種名はオペラサプリームピンクモーン、ダブルカスケードプラムベイン、プリズムサンシャイン、リンボーバイオレットである。
学名:Petunia x hybrida(異名:Petunia x atkinsiana)

★ラテンの血ひいて艶やか八重に咲く
 お澄まし顔の君はペチュニア
☆鮮やかにドレス纏いてペチュニアは
 八重も一重もただ見せたくて

ペチュニア・ダブルカスケードプラムベイン100307a-l.jpg

ペチュニア・プリズムサンシャイン100307a-l.jpg

ペチュニア・リンボーバイオレット100307a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/07/14 改訂

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2060

このブログ記事について

このページは、が2011年6月 4日 14:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蝦夷の立坪菫(エゾノタチツボスミレ)」です。

次のブログ記事は「ジャーマンダー・ペンステモン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7