枝垂れえごの木(シダレエゴノキ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

シダレエゴノキ080518a-l.jpgえごの木(エゴノキ)はエゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木である。
北海道から沖縄にかけて分布し、比較的水分のある谷沿いなどで良く成長する。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
枝垂れえごの木(シダレエゴノキ)はその園芸品種である。
特徴は枝が枝垂れることで、花の色は白い。
樹高は2メートルから7メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
花には長い柄があり、枝からぶら下がって咲く。
花冠は5つに深く裂け、花の色は白い。
花の真ん中には10本の黄色い雄しべがある。
10月ころに灰白色をした卵球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)がなる。
属名の Styrax はギリシャ語の「storax(安息香)」からきている。この属の植物の樹脂から安息香(ベンゾイン)が採れることから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は5月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Styrax japonica 'Shidareegonoki'

★垂れ下がる枝にびっしりぶら下がる
 花を見上げて笑みを浮かべて
☆星の降る枝垂れえごの木花たわわ
 風に揺られる姿優しく

シダレエゴノキ080518b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1976

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年5月20日 13:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒実の沢蓋木(クロミノサワフタギ)」です。

次のブログ記事は「栃の木(トチノキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0