五葉躑躅(ゴヨウツツジ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

シロヤシオ080420c-l.jpg五葉躑躅(ゴヨウツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
日本固有種である。
本州の東北地方から近畿地方にかけてと四国に分布し、太平洋側の山地に生える。
和名の由来は枝先に五枚の葉をつけることからきている。
白八汐(シロヤシオ)、松膚(マツハダ)の別名がある。
白八汐(シロヤシオ)は赤八汐(アカヤシオ)に対する命名である。
松膚(マツハダ)は古い樹皮が松の木に似ているところからきているという。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
葉は倒卵形で、枝先に5枚が輪生状に互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖らない。
葉には細かい毛が密生する。
開花時期は4月から5月である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
花の色は白く、花径は3センチから4センチくらいである。
上部の裂片には緑色の斑が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の quinquefolium は「5枚の葉の」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Rhododendron quinquefolium

★真っ白な花は俯き物思い
 そよ風渡る五月の空に

シロヤシオ080420b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1860

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年4月26日 09:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蝦夷蒲公英(エゾタンポポ)」です。

次のブログ記事は「桷(ズミ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0