櫨の木(ハゼノキ)

| トラックバック(0)

ハゼノキ071202a-l.jpg

主役の座射止め櫨の木自慢げに

櫨の木(ハゼノキ)はウルシ科ウルシ属(テクシコデンドロン属)の落葉高木である。
テクシコデンドロン属は世界の温帯から熱帯にかけて十数種が分布する。
日本でも漆(ウルシ)が栽培され、属名の和名はウルシ属という。
本種の原産地は中国である。
室町時代に琉球へ伝わった。
現在では、野生化したものが本州の関東地方から沖縄にかけて分布している。
単に櫨(ハゼ)ともいう。
別名を琉球櫨(リュウキュウハゼ)や唐櫨(トウハゼ)、蝋の木(ロウノキ)ともいう。
樹高は7メートルから10メートルくらいである。
樹皮は灰褐色である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
1枚の葉は小葉9枚から15枚からなる。
小葉の形は披針形(笹の葉のような形)で先が尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の表面は濃い緑色で艶があり、裏面は白っぽい。
日本には近縁種の山櫨(ヤマハゼ)が古くから自生しているが、本種との違いは葉に毛が生えることである。
秋にはきれいに紅葉する。
開花時期は5月から6月である。
雌雄異株である。
円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、黄緑色の小さな花をたくさんつける。
雄花、雌花ともに花弁は5枚である。
雄花には5本の雄しべがある。
雌花の雌しべの柱頭は3つに裂ける。
結実時期は9月から10月である。
直径10ミリから15ミリくらいの偏球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)をつける。
実は緑色から淡い褐色に熟する。
実からは木蝋が採れる。
俳句では、「櫨紅葉」や「櫨の実」が秋の季語である。
花言葉は「真心」である。
属名の Toxicodendron はギリシャ語の「toxikos(毒)+dendron(樹木)」からきている。
種小名の succedaneum は「代用の」という意味である。
写真は12月に東京の六義園で撮った。
3枚目は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Toxicodendron succedaneum(syn. Rhus succedanea)

★他を圧し燃えるが如く櫨紅葉
 目の前の冬しばし止めて

ハゼノキ071202b-l.jpg

ハゼノキ080727a-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/02/28改訂

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1679

このブログ記事について

このページは、が2010年12月14日 18:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デンドロビウム・タンゲリヌム」です。

次のブログ記事は「寒蘭(カンラン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7