ディコリサンドラ・ティルシフロラ

| トラックバック(0)

ディコリサンドラ・ティルシフロラ071021d-l.jpg

ディコリサンドラ・ティルシフロラはツユクサ科ディコリサンドラ属の常緑多年草である。
ディコリサンドラ属は中南アメリカに30種くらいが分布する。
本種の原産地はブラジル、ペルーである。
英名をブルージンジャー(blue ginger)という。
ショウガ科ではないが、葉や茎がショウガに似ていることからつけられた名である。
YListでは和名を大立唐草(オオタチカラクサ)としている。
木立紫露草(コダチムラサキツユクサ)の名を用いるものもある。
草丈は150センチから200センチくらいである。
茎のつけ根の部分が長い毛に包まれている。
葉は細長い卵形で、らせん状に互い違いに生える(互生)。
開花時期は9月から11月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の花をつける。
1つ1つの花は萼が3枚、花弁が3枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Dichorisandra はギリシャ語の「dis(2つの)+choris(分離した)+andros(雄しべ)」からきている。
種小名の thyrsiflora は「多くの枝に花をつける」という意味である。
写真は10月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Dichorisandra thyrsiflora

★ふくよかな青紫の花の房
 てっぺんにつけブルージンジャー

ディコリサンドラ・ティルシフロラ071021c-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2015/04/05改訂

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1527

このブログ記事について

このページは、が2010年11月 5日 06:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「煙草草(タバコソウ)」です。

次のブログ記事は「パフィオペディルム・スピケリアヌム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7