白花曼珠沙華(シロバナマンジュシャゲ)

| トラックバック(0)

シロバナマンジュシャゲ080923b-l.jpg

紅白でおめでたきかな曼珠沙華

白花曼珠沙華(シロバナマンジュシャゲ)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。
鍾馗水仙(ショウキズイセン)小彼岸花(コヒガンバナ)との自然交雑種である。
本州から沖縄にかけて帰化し、道端や土手などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国などにも分布する。
草丈は30センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
彼岸花(ヒガンバナ)よりも太く、鍾馗水仙(ショウキズイセン)よりも細い。
葉のある時期には花は咲かず、花期には葉がない。
開花時期は9月から10月である。
花の色は白く、ピンクのぼかしの入るものもある。
花びら(花被片)は6枚である。
強く反り返るが、彼岸花(ヒガンバナ)ほどは反り返らない。
また、縁の皺も弱い。
雄しべは6本で、先に花粉をつける。
花粉をつけていないのが雌しべの花柱である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
結実することは稀である。
鱗茎にはアルカロイドを含み、猛毒である。
なお、「曼珠沙華」は梵語で「紅色の花」を意味するという。
別名を白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)ともいう。
俳句では「曼珠沙華」、「彼岸花」が秋の季語である。
属名の Lycoris はギリシャ神話の海の女神「リコリス(Lycoris)」の名からきている。花の美しさを称えて名づけられた。
種小名の albiflora は「白い花の」という意味である。
写真は9月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Lycoris x albiflora

★束の間に果てる夢ならこの夢に
 白無垢を着て曼珠沙華咲く

シロバナマンジュシャゲ080923a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2014/06/24改訂

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1361

このブログ記事について

このページは、が2010年9月30日 06:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蝶豆(チョウマメ)」です。

次のブログ記事は「スコパリア・モンテビデンシス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7