綿(ワタ)

| トラックバック(0)

ワタ090922b-l.jpg

過ぎし日の温もり偲び綿の花

綿(ワタ)はアオイ科ワタ属の一年草である。
原産地はインドや中南米である。
繊維作物として熱帯から温帯にかけて広く栽培されている。
日本へは平安時代に渡来したという。
別名をアジア綿(アジアワタ)とも言う。
草丈は60センチから120センチくらいである。
葉は手のひら状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8月から10月である。
花径4センチくらいの黄色い5弁花である。
花の中心部は暗い紅色をしている。
花の外側には苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)があり、苞の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
花は翌日には紅紫色になってしぼむ。
花の後にできる実は卵形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
熟すと裂けて開き、長い綿毛のある種子を出す。
綿毛は木綿の原料となるほか、脱脂綿などの原料ともされる。
綿実油は食用油として、天ぷら油、サラダ油などに利用される。
俳句では「綿」が秋の季語、「綿の花」が夏の季語である。
花言葉は「繊細」である。
なお、YListでは、この学名の和名を白花綿(シロバナワタ)としている。
属名の Gossypium はラテン語の「gossum(腫れ物)」からきている。膨らんだ果実の形をたとえたものである。
種小名の herbaceum は「草本の」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Gossypium herbaceum 

★この花が綿になるかと眺めれば
 涼しげなれど熱帯の色

ワタ090922c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1295

このブログ記事について

このページは、が2010年9月19日 08:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丸葉縷紅草(マルバルコウソウ)」です。

次のブログ記事は「綿(ワタ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7