鬱金(ウコン)

| トラックバック(0)

ウコン080803a-l.jpg

葉の陰に鬱金の花はひっそりと

鬱金(ウコン)はショウガ科ウコン属の多年草である。
原産地はインドである。
紀元前2000年ころには既に栽培されていたという。
16世紀から17世紀に沖縄に伝えられ、琉球王朝では専売制度をとっていた。
根茎は、熱帯地域では食物の香辛着色料、特にカレー粉の成分として利用される。
日本では沢庵漬の着色料とされている。
また、黄色の染料としても世界的に用いられる。
俗に「肝臓の機能を高める」といわれるが、消化管障害を起こすことがあるので注意が必要である。
草丈は50センチから80センチくらいになる。
根茎から長い柄をもった楕円形の葉を伸ばす。
開花時期は8月から9月である。
長さ10センチから15センチの穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、白い花をつける。
そこから秋鬱金(アキウコン)の別名がある。
なお、白い部分は苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)である。
花弁は黄色く、一日花である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
英名はターメリック(turmeric)である。
花言葉は「あなたの姿に酔いしれる」である。
俳句では「鬱金の花」が秋の季語である。
属名の Curcuma はアラビア語の「kurkum(黄色)」からきている。根茎から黄色の色素を得ることから名づけられた。
種小名の longa は「長い」という意味である。
写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Curcuma longa(syn. Curcuma domestica)

★葉の陰に鬱金の花はひっそりと
 何を思うか天を見つめて
☆ひっそりと君への想い募らせて
 葉陰の鬱金薄紅に染め

ウコン080803b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2014/05/18改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1290

このブログ記事について

このページは、が2010年9月18日 08:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お辞儀草(オジギソウ)」です。

次のブログ記事は「黄花コスモス(キバナコスモス)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7