河原撫子(カワラナデシコ)

カワラナデシコ080712a-l.jpg

薄紅に染まる撫子恋を知り

河原撫子(カワラナデシコ)はナデシコ科ナデシコ属(ディアンツス属)の多年草である。
ディアンツス属は北半球の温帯地方を中心に300種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
日本にも本種などが分布し、属名の和名をナデシコ属という。
園芸的には、特に外国産のものは属名を英語風に読んだダイアンサスの名で流通している。
本種は北海道から沖縄にかけて分布し、草地や河原などに生える。
海外では、朝鮮半島や台湾、中国にも分布している。
中国名は瞿麥(qumai)という。
和名の由来は、河原に生え「撫(な)でるようにかわいい花」ということからきている。
別名を撫子(ナデシコ)という。
この名称で「万葉集」にも登場する。
草丈は30センチから80センチくらいである。
葉は線形ないし披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉のつけ根は茎を抱く。
開花時期は6月から9月である。
淡い紅色や白い可憐な花を咲かせる。
花弁は5枚で、先が細かく裂ける。
雄しべは10本、雌しべの花柱は2本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
古名を常夏(とこなつ)と言う。
これは、花期が夏から秋に渡ることからついた名である。
この名称で「古今集」や「源氏物語」に記載がある。
また、秋の七草の一つで、俳句の季語は秋である。
花言葉は「大胆」である。
分類上は、蝦夷河原撫子(エゾカワラナデシコ)が基本変種とされている。
河原撫子(カワラナデシコ)のほうが萼が長く、苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)の数も多い。
属名の Dianthus はギリシャ語の「Dios(ジュピター)+anthos(花)」からきている。「ジュピターの花」の意味で、花の美しさを称えるて名づけられた。
種小名の superbus は「気高い」という意味である。
変種名の longicalycinus は「長い萼の」という意味である。
写真は7月に向島百花園で撮った。
白花は7月につくば植物園で撮った。
学名:Dianthus superbus var. longicalycinus

★薄紅の大和撫子微笑みて
 誰を待つのか黙し語らず
☆楚々とした優しさたたえ咲く姿
 河原撫子大和の花と

カワラナデシコ080712c-l.jpg

カワラナデシコ090726c-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/11/05 改訂
2016/07/09 3訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年8月30日 19:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蝦夷白根(エゾシロネ)」です。

次のブログ記事は「寒地顔剃菜(カンチコウゾリナ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7