白馬浅葱(シロウマアサツキ)

シロウマアサツキ090426d-l.jpg

白馬浅葱(シロウマアサツキ)はユリ科ネギ属の多年草である。
日本固有種である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、北アルプスの白馬岳、朝日岳、北海道の夕張岳などの高山の砂礫地や草地に生える。
和名の由来は、白馬岳に多く自生することからきている。
浅葱(アサツキ)の高山型変種である。
顕著な特徴は、雄しべと花びらの長さがほぼ同じということである。
草丈は20センチから60センチくらいである。
葉は円筒形で、直径3ミリから5ミリくらいである。
自生地での開花時期は7月から8月である。
花茎を伸ばして赤紫色の花を咲かせる。
白花品種もある。
花序径は3センチから4センチで、花びら(花被片)の長さは6ミリくらいである。
花冠と萼の区別がつかないようなとき、まとめて花被という。
その1つ1つが花被片である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
なお、「浅葱」の名は、葉の色が葱(ネギ)に似て色が浅いところからつけられた。
浅葱色(あさぎいろ)というのは「浅葱」の葉の色のことである。
花言葉は「幸を祈る」である。
属名の Allium はニンニクの古いラテン名である。
種小名の schoenoprasum は「ノグサ属(Schoenus)のようなニラ」という意味である。
変種名の orientale は「東方の」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Allium schoenoprasum var. orientale

★白馬に群れなすように咲くという
 姿思いて浅葱眺め

シロウマアサツキ090426b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/11/01改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年8月28日 08:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「深山竜胆(ミヤマリンドウ)」です。

次のブログ記事は「唐辛子(トウガラシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7