大根草(ダイコンソウ)

| トラックバック(0)

ダイコンソウ110810a-l.jpg

大根草(ダイコンソウ)はバラ科ダイコンソウ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中や道ばたに生える。
海外では朝鮮半島や中国にも分布している。
草丈は50センチから80センチくらいである。
茎は直立をし、上部でよく枝分かれをする。
根際から生える葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)である。
頂小葉が大形である。
茎葉は卵形で3つに裂け、互い違いに生える(互生)。
茎と葉には粗い毛が生える。
開花時期は6月から8月である。
花径10ミリから20ミリくらいの黄色い花を疎らにつける。
花弁は5枚で、花弁の形は円形である。
萼片も5枚である。
萼片の間には5枚の副萼片がある。
雄しべと雌しべはたくさんある。
雌しべの花柱は先が鉤状に曲がり、花の後まで残る。
花の後にできる集合果は球形である。
大大根草(オオダイコンソウ)のほうは楕円形である。
根際から生える葉が「大根」の葉に似ているというのが和名の由来である。
全草を乾燥させたものを生薬の水楊梅(すいようばい)といい、利尿薬、止瀉薬とされる。
花言葉は「前途洋々」である。
属名の Geum はラテン語の「geuo(美味)」からきている。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は8月に伊吹山で撮った。
学名:Geum japonicum

★草むらにきらり輝く黄金色
 大根草はムードたたえて

ダイコンソウ110810c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/08/19改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/919

このブログ記事について

このページは、が2010年7月 2日 20:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒実木苺(クロミキイチゴ)」です。

次のブログ記事は「アクイレギア・クリサンタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7