銀露梅(ギンロバイ)

| トラックバック(0)

ギンロバイ100617a-l.jpg

銀露梅(ギンロバイ)はバラ科キジムシロ属の落葉小低木である。
北海道から本州の中部地方にかけてと四国に分布し、高山の岩上に生える。
海外では、周北極地方に広く分布する。
別名を白露梅(ハクロバイ)ともいう。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
樹高は30センチから100センチくらいである。
樹皮は褐色で薄く、縦に裂ける。
よく枝分かれをする。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉3枚から7枚で1枚の葉が構成される。
小葉の形は長い楕円形で、質は革質である。
葉の縁は裏面に巻き込む。
開花時期は6月から8月である。
上部の葉の脇に1輪から3輪の白い5弁花をつける。
花径は20ミリから25ミリくらいで、花びらの形は丸い。
萼片は5枚である。
花の真ん中には黄色い雄しべがたくさんある。
花の柄や萼片には白い毛が生える。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
和名の由来は、梅に似た白い花を咲かせるところからきている。
属名の Potentilla はラテン語の「potens(強力)」の縮小形である。この属の1種の強い薬効に対してつけられた名である。
種小名の fruticosa は「低木状の」という意味である。
変種名の leucantha は「白い花の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Potentilla fruticosa var. leucantha

★高山の冷気伝えて銀露梅
 静かに咲けば暑さ忘れて

ギンロバイ100617b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/07/26改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/850

このブログ記事について

このページは、が2010年6月21日 04:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アナベル」です。

次のブログ記事は「金露梅(キンロバイ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7