紫陽花(アジサイ)

| トラックバック(0)

アジサイ100612c-l.jpg

紫陽花に罪はなけれど物憂き日

紫陽花(アジサイ)はユキノシタ科アジサイ属(ヒドランゲア属)の落葉低木である。
分類体系によっては(APG第3版)アジサイ科とされる。
ヒドランゲア属はアジアと南北アメリカ大陸に70種くらいが分布する。
日本にも額紫陽花(ガクアジサイ)などが分布し、属名の和名はアジサイ属という。
本種は額紫陽花(ガクアジサイ)を改良した品種の総称だが、自生説もある。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の色は艶のある薄緑色で、葉脈がはっきりしている。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から7月である。
梅雨の時期と重なる。
一般に花と言われている部分は装飾花で、花びらのように見えるのは萼である。
花の色は紫、ピンク、青、白などいろいろある。
咲き始めは薄く、咲き終わりに近づくにつれて濃くなっていく。
装飾花にも退化した雌しべと雄しべがあるが、結実はしない。
花言葉は「移り気」「冷淡」「辛抱強さ」である。
俳句の季語は夏である。
万葉集にも詠まれている。
なお葉や根には有毒物質が含まれており、嘔吐、めまい、顔面紅潮などの中毒症状を引き起こす危険がある。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名・品種名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
写真は6月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Hydrangea macrophylla f. macrophylla

★浮気だと見つめないでよそんな目で
 生きているのよただひたすらに
☆あなたなら分かってくれる根を下ろし
 気持ちのままに色を変えても

アジサイ100612b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/07/20改訂
2016/05/28 3訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/822

このブログ記事について

このページは、が2010年6月14日 06:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大葉種漬花(オオバタネツケバナ)」です。

次のブログ記事は「ブフタルムム・サリキフォリウム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7