桐(キリ)

| トラックバック(0)

キリ090503e-l.jpg

天を衝く槍のごとくに桐の花

桐(キリ)はゴマノハグサ科キリ属の落葉高木である。
分類体系によっては、ノウゼンカズラ科あるいはキリ科に分類されることもある。
原産地は中国といわれているが、はっきりしていない。
日本へは古い時代に朝鮮を経て渡来した。
日本では北海道の南西部以南で植栽され、あるいは野生化して山地に生える。
樹高は8メートルから15メートルくらいである。
樹皮は淡い灰褐色をしている。
葉は大形で幅の広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉には長い柄があり、葉の長さは30センチにもなる。
時に3つから5つに裂け、先は尖っている。
表面には軟毛が密生し、触るとざらざらする。
開花時期は5月から6月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、淡い紫色の花をたくさんつける。
花冠は長さ5センチくらいの筒形で、先は唇形に裂ける。
花の後にできる実は卵形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
10月ころに熟し、2つに裂けて翼のある種子をたくさん飛び散らせる。
材は軽くて柔らかく、色白で木目も美しい。
このため古くから良質の木材として重宝され、箪笥、楽器、下駄などの材料とされてきた。
また、古くから神聖な木とされ、上流社会で紋章や装飾として用いられてきた。
岩手県の県花である。
俳句では「桐の花」が夏の季語である。
属名の Paulownia はオランダの女王「アンナ・パブロブナ(Anna Paulowna)」の名からきている。
種小名の tomentosa は「密に細かな綿毛のある」という意味である。
写真は5月に神代植物公園で撮った。
学名:Paulownia tomentosa

★天を衝く槍のごとくに桐の花
 空の青さに溶け込むように

キリ090503b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/06/31改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/733

このブログ記事について

このページは、が2010年5月31日 05:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朴の木(ホオノキ)」です。

次のブログ記事は「姫空木(ヒメウツギ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0