雪の下(ユキノシタ)

| トラックバック(0)

ユキノシタ100515c-l.jpg

葉の筋は浮き立つばかり雪の下

雪の下(ユキノシタ)はユキノシタ科ユキノシタ属の多年草である。
本州から九州にかけて分布し、湿った石垣や岩場などに生える。
海外では、中国にも分布する。
草丈は20センチから50センチくらいである。
葉はほぼ円形で、根際から伸びる。
長い柄があり、縁は浅く裂ける。
葉脈に沿って白い筋が入る。
開花時期は5月から7月である。
花茎を伸ばし、特徴ある白い小花をたくさんつける。
花びらは5枚で、上の3枚は小さく濃い紅色の斑点があり、下の2枚は大きく垂れ下がる。
雄しべは10本で、雌しべの頭柱は2つに分かれる。
萼は5つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、雪の積もった下でも枯れないことからきている。
下の2枚の花びらを「雪の舌」にたとえたという説もある。
葉は一年中いつでも採れるので、山菜に利用されている。
また、乾燥した葉を虎耳草(こじそう)と言い、民間薬として利用されている。
腫れ物、凍傷、火傷、咳などに効果がある。
俳句の季語は夏である。
花言葉は「愛情」である。
属名の Saxifraga はラテン語の「saxum(石)+frangere(砕く)」からきている。この属のある植物が尿の結石を溶かす作用があると考えられたことから名づけられた。
種小名の stolonifera は「匍匐茎のある」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Saxifraga stolonifera

★雪の下零れ咲きして柄を揺する
 帆を張るように花びら広げ
☆襟元に結んだリボン雪の下
 見れば見るほど愛らしき花

ユキノシタ100515d-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/04/10改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/702

このブログ記事について

このページは、が2010年5月26日 05:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「深山嫁菜(ミヤマヨメナ)」です。

次のブログ記事は「金鎖(キングサリ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0