文目(アヤメ)

| トラックバック(0)

アヤメ100515a-l.jpg

刺青の細工も冴えて花あやめ

文目(アヤメ)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山野の草地に生える。
また、庭植えにされる。
海外では、朝鮮半島、中国の東北部、シベリアなどにも分布している。
草丈は30センチから60センチくらいである。
葉は剣状で直立し、地下茎から群がり生える。
開花時期は5月から6月である。
茎先に花径5センチから8センチくらいの青紫色の花を1輪から3輪くらいつける。
内花被片と外花被片が3枚ずつある。
外側に3枚の大きな外花被片が垂れ下がる。
この外花被片のつけ根の部分にある網目模様と黄色い斑が文目(アヤメ)の最大の特徴である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
漢字では「綾目」とも書く。
あるいは「菖蒲」とも書くのだが、こちらのほうは「ショウブ」とも読めるのでややこしい。
菖蒲(ショウブ)はサトイモ科で、まったく別の植物である。
花言葉は「よい便り」である。
俳句の季語は夏である。
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味する。
種小名の sanguinea は「血のように赤い」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Iris sanguinea

★草むらにすらりと立って文目咲く
 五月の風が葉を揺るがせて
☆文目咲く虹を渡って届けしを
 そっと教えん風に揺れては

アヤメ100515b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/01/27改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/646

このブログ記事について

このページは、が2010年5月16日 11:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「厚葉立浪草(アツバタツナミソウ)」です。

次のブログ記事は「贋アカシア(ニセアカシア)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0