小米空木(コゴメウツギ)

コゴメウツギ090503b-l.jpg

小米空木(コゴメウツギ)はバラ科コゴメウツギ属の落葉低木である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の斜面などに普通に見られる。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
樹高は1メートルから2メートルである。
灰白色をした枝をたくさん出し、こんもりと繁る。
若枝には軟毛が生える。
葉は三角状の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉は羽状に裂けるが、裂け方の深さには個体差がある。
葉の両面には毛が生えている。
開花時期は5月から6月である。
枝先や葉の脇から短い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径4、5ミリの小さな白い花をつける。
花弁は5枚で、形はへら形である。
萼片は5枚で、卵円形である。
雄しべは10本、雌しべは1本である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
和名の由来は、空木に似た小さい花を小米(精米のときに砕けた米)に見立てたものである。
属名の Stephanandra はギリシャ語の「stephanos(冠)+andron(雄しべ)」からきている。雄しべが冠状に残ることから名づけられた。
種小名の incisa は「鋭く裂けた」という意味である。
写真は5月に神代植物公園で撮った。
黄葉の写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Stephanandra incisa

★坂道に微笑むように顔を出す
 小米空木は妖精の笑み

コゴメウツギ090503d-l.jpg

コゴメウツギ091129a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/01/13改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2010年5月12日 05:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大立坪菫(オオタチツボスミレ)」です。

次のブログ記事は「ドイツ鈴蘭(ドイツスズラン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0