大花の延齢草(オオバナノエンレイソウ)

オオバナノエンレイソウ070518c-l.jpg

大花の延齢草(オオバナノエンレイソウ)はユリ科エンレイソウ属の多年草である。
分類体系によってはシュロソウ科とされる。
北海道と本州の北部に分布し、林の中や湿った草原などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、サハリン、カムチャツカ、シベリア東部などにも分布する。
草丈は15センチから50センチくらいである。
葉は茎先に3枚が輪生する。
葉の形は幅の広い卵形で、長さは7センチから15センチくらいある。
開花時期は5月から6月である。
直立する1本の花柄の先に花径5センチから7センチくらいの白い花を上向きにつける。
外側の緑色の萼(外花被片)も内側の白い花びら(内花被片)も3枚である。
花びらは萼よりも長く、飛び出している。
萼も花びらも先が尖らないなどの特徴がある。
雄しべは6本である。
花の後にできる実は6稜形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、黒紫色に熟する。
北大の校章に用いられ、北大寮歌にも歌われている。
別名を大花延齢草(オオバナエンレイソウ)ともいう。
白花延齢草(シロバナエンレイソウ)と似ているが、こちらは花を横向きにつける。
また、萼と花びらは同じくらいの長さで、どちらも先が尖るなどの違いがある。
「延齢草」の名の由来は生薬名からきているという説とアイヌ語の「エマウリ」に由来するという説がある。
属名の Trillium はラテン語の「treis(3)」からきている。葉など3つずつで構成されることから名づけられた。
種小名の kamtschaticum は「カムチャツカの」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Trillium kamtschaticum

★ふと見ればたった一輪飛び出して
 咲く白花に笑顔こぼれて

オオバナノエンレイソウ070518a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/01/10改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年5月 9日 05:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小島延齢草(コジマエンレイソウ)」です。

次のブログ記事は「白花延齢草(シロバナエンレイソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0