九輪草(クリンソウ)

クリンソウ100418a-l.jpg

九輪草(クリンソウ)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
日本固有種である。
北海道から四国にかけて分布し、山地の湿地や沢沿いなどに生える。
草丈は40センチから80センチくらいである。
茎は直立し無毛である。
根際から生える葉は長さ20センチから40センチくらいあり大形で、ロゼット状となる。
葉の形はへら形で皺があり、縁には不揃いの浅い切れ込みがある。
葉のつけ根の部分は狭くなり、葉の柄は紅色を帯びる。
開花時期は4月から6月である。
花は地上から伸びた花径の先に数段に輪生してつく。
花径は2、3センチで、花の色は紅紫色である。
花冠は先で5つに裂け、横に平らに開く。
それぞれの裂片の先は浅く2つに裂ける。
萼片は緑色で5枚である。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、段になって輪生する花の様子を、仏塔の先にたつ「九輪」に見立てたものである。
別名を七階草(ナナカイソウ)、七重草(シチジュウソウ)ともいう。
花言葉は「物思い」である。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Primula japonica

★重なって上へ上へと九輪草
 群がるように花咲き昇る
☆沢沿いに道を歩けば九輪草
 庵を飾り群れなし咲きて

クリンソウ100418b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/10/25改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月22日 05:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「桜草(サクラソウ)」です。

次のブログ記事は「松前花染衣(マツマエハナゾメイ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0