昭和桜(ショウワザクラ)

ショウワザクラ100403a-l.jpg

昭和桜(ショウワザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
国立遺伝学研究所の竹中要博士によって染井吉野(ソメイヨシノ)の起源を研究するする過程で、伊豆大島公園内に植えられた染井吉野(ソメイヨシノ)の実生(みしょう:接ぎ木ではなく苗から育てること)から発見し選抜したものである。
染井吉野(ソメイヨシノ)は、大島桜(オオシマザクラ)と江戸彼岸(エドヒガン)の自然交配によって生まれたと考えられている。
その実験の過程で誕生したのがこの桜である。
染井吉野(ソメイヨシノ)に比べると枝が細くて上向きに伸び、花びらが細くて花が小さく見えるなどの特徴がある。
樹高は5メートルから15メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にい重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉の裏面や葉の柄には毛が生えるが、表面には生えない。
開花時期は4月の上旬である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花は花径2、3センチの中輪で、一重咲きである。
花びらの形は細長い楕円形である。
花の色は白い。
一総につく花の数は2、3輪である。
花にはわずかに香りがある。
結実性がある。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の yedoensis は「江戸の」という意味である。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus x yedoensis 'Syouwa-zakura'

★新しい時代の息吹き伝えんと
 名づけられたる新たな命

ショウワザクラ100403b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/09/18改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月 7日 05:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒文字(クロモジ)」です。

次のブログ記事は「二輪草(ニリンソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0