著莪(シャガ)

シャガ100403a-l.jpg

一日の夢に遊ぶや著莪の花

著莪(シャガ)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
漢字では「射干」とも書くが、これは中国では檜扇(ヒオウギ)を指す言葉である。
本州から九州にかけて分布し、人里近くに生える。
種小名には japonica の文字が使われているが、古い時代に日本に中国から持ち込まれた植物だと考えられている。
草丈は30センチから70センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は4月から5月である。
文目(アヤメ)や花菖蒲(ハナショウブ)などより時期は早い。
根茎から匍匐枝を伸ばしてうす暗い林の下などに群生する。
伸ばした花茎を枝分かれさせて、花径5センチくらいの淡い紫色の花をつける。
花被片は6枚である。
外花被片3枚には青紫色と橙色の斑が入る。
内花被片3枚は淡い紫色で、先が浅く2つに裂ける。
花は一日しかもたず、開花した翌日にはしぼんでしまう。
別名を胡蝶花(コチョウカ)という。
結実はせず、球根もつくらない。
花言葉は「決心」「反抗」である。
俳句の季語は夏である。
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味する。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Iris japonica

★朝開き夕べにしぼむ白き著莪
 君と遊ばん胡蝶の夢を
☆著莪の花短き命知ればこそ
 君の眼差し夢に誘い

シャガ100403b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/02/25改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月 6日 06:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「木五倍子(キブシ)」です。

次のブログ記事は「深山鶯神楽(ミヤマウグイスカグラ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0