山桜(ヤマザクラ)

ヤマザクラ080406d-l.jpg

山桜(ヤマザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
本州の東北地方南部から九州にかけて分布し、低山や平地に生える。
海外では、朝鮮半島の南部にも分布する。
樹高は10メートルから25メートルくらいである。
樹皮は暗褐色ないし暗灰色である。
葉は細長い楕円形で、先は尾状に長く伸びる。
葉の縁は重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)である。
葉の柄は赤色を帯びることが多い。
また、若葉は赤味を帯びることが多い。
開花時期は3、4月である。
葉が展葉すると同時に開花をする。
花の色は白、淡い紅色、淡い紅紫色など変異がある。
花びらは5枚で先が浅く2つに裂ける。
雄しべは40本くらいある。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の jamasakura は「ヤマザクラ」のことである。
写真は4月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Prunus jamasakura

★葉の色と花の色とがマッチして
 山桜咲く春は爛漫

ヤマザクラ080406e-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/09/16改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月 5日 05:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カスマンテ・エチオピカ」です。

次のブログ記事は「山桜桃(ユスラウメ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0