神代曙(ジンダイアケボノ)

ジンダイアケボノ100327a-l.jpg

神代曙(ジンダイアケボノ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
ソメイヨシノ系の桜である。
原木は神代植物公園にある。
ワシントンから送られた枝を接木して育てたという。
樹高は4メートルから8メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3月から4月である。
開花時期は染井吉野(ソメイヨシノ)よりもやや早い。
染井吉野(ソメイヨシノ)と比べると花はやや小さく、ピンク色が濃い。
特に花弁の縁の色が濃く、グラデーションが美しい。
てんぐ巣病にもかかりにくいということで推奨されている。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の yedoensis は「江戸の」という意味である。
写真は3月に神代植物公園で撮った。
学名:Prunus x yedoensis 'Jindai-akebono'

★美しいグラデーションに目を見張る
 海を渡った桜の不思議

ジンダイアケボノ100327b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年3月28日 09:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「枝垂れ桜(シダレザクラ)」です。

次のブログ記事は「笹部桜(ササベザクラ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0