江戸彼岸 (エドヒガン)

エドヒガン080330b-l.jpg

江戸彼岸 (エドヒガン)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
日本固有種である。
本州から九州にかけて分布する。
和名の由来は江戸で彼岸のころに咲くことからきている。
別名を東彼岸(アズマヒガン)、老婆彼岸(ウバヒガン)ともいう。
「老婆」は、葉のないうちに咲くところからきている。
樹高は10メートルから25メートルくらいで巨木となる。
根尾谷の薄墨桜や盛岡の石割桜などが知られる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には鋭い重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉には両面に毛が生える。
樹皮は暗い灰褐色で、縦に浅く裂ける。
開花時期は3月中旬から下旬である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
蕾の色は淡い紅色である。
花の色も淡い紅色で、花径15ミリから25ミリくらいの小輪一重咲きである。
花びらは5枚で、花びらの形は楕円形である。
咢筒の形が丸い壺形なのが特徴である。
よく似た染井吉野(ソメイヨシノ)の咢筒は丸くならない。
一総につく花の数は2、3輪である。
花の後には球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)を結実させるが、数は少ない。
分類上は枝垂れ桜(シダレザクラ)の品種の1つという扱いだが、これは枝垂れ桜(シダレザクラ)が先に命名されたことからきている。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の pendula は「下垂の」という意味である。
品種名の ascendens は「上行性の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus pendula f. ascendens

★古来より名の知られたる江戸彼岸
 供連れなくも威風堂々

エドヒガン080330d-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/07/26改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2010年3月19日 06:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青竜枝垂(セイリュウシダレ)」です。

次のブログ記事は「ヘレボルス・ステルニー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0