冬至梅(トウジバイ)

トウジバイ100206a-l.jpg花びらを寄せ合うように冬至梅

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
冬至梅(トウジバイ)はその園芸品種の1つである。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
枝は細い。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は12月から2月である。
早咲きの品種である。
野梅系の白い一重咲きの中輪(花径20ミリから25ミリ)である。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
ただし自家結実はしない。
俳句の季語は冬である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume 'Touji'

★早さなら負けはしないと冬至梅
 飾らぬけれど自然の姿

トウジバイ100206b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/03/05改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2010年2月11日 16:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「未開紅(ミカイコウ)」です。

次のブログ記事は「ヒッペアストルム・ネルソニー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7