ファレノプシス・アフロディテ

ファレノプシス・アフロディテ091219a-l.jpg

ファレノプシス・アフロディテはラン科コチョウラン属(ファレノプシス属)の多年草である。
原産地は台湾、フィリピンである。
標高300メートルから1000メートルの林の中に生える着生種である。
白花の代表種で、園芸品種の交配親となっている。
標準和名は胡蝶蘭(コチョウラン)である。
草丈は50センチから80センチくらいである。
葉は長い楕円形で、分厚い。
開花時期は11月から2月くらいである。
花茎の先に花径7、8センチの白い花をたくさんつける。
稀に萼片が淡い黄味を帯びるものがある。
唇弁は真ん中に黄褐色の縦縞が入る。
花言葉は「清純、あなたを愛します、幸福が飛んでくる」である。
属名の Phalaenopsis はギリシャ語の「phalaina(蛾)+opsis(似る)」からきている。花の形が蛾に似ていることから名づけられた。
種小名の aphrodite はギリシャ神話に登場する「美の女神」で、ビーナスのことである。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Phalaenopsis aphrodite

★純白に身をまといたるアフロディテ
 舞えば神秘の色香漂い
☆花嫁の白無垢姿思わせる
 ファレノプシスは汚れを知らず

ファレノプシス・アフロディテ091219b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/08/11改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年1月11日 08:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノースポール」です。

次のブログ記事は「梅(ウメ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0