御所左近の桜(ゴショサコンノサクラ)

ゴショサコンノサクラ150404a-l.jpg

御所左近の桜(ゴショサコンノサクラ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
原木は京都御所の紫宸殿の前庭に植えられ、「左近の桜、右近の橘」として知られた桜である。
原木は枯死したが、今も増殖された後継樹が植えられている。
左近の桜は平安時代から何代も植え替えられている。
当初は山桜(ヤマザクラ)であったが半八重咲きのものもあり、それは八重のサトザクラが交雑したものと考えられている。
旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)の多いものは八重左近の桜(ヤエサコンノサクラ)と呼ばれる。
樹高は4メートルから8メートルくらいである。
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面は白色を帯びる。
開花時期は4月の上旬から中旬である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
花弁数は5枚で、花径は3センチくらいの中輪である。
花の色は白ないしごく淡い紅色で、旗弁(きべん:雄しべが花弁のように変化したもの)があるものもある。
花弁の形は楕円形ないし円形である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の jamasakura は「ヤマザクラ」のことである。
品種名の formosa は「美しい」という意味である。
写真は4月に三島市の国立遺伝学研究所で撮った。
学名:Prunus jamasakura f. formosa(syn. Prunus jamasakura 'Formosa-plena')

★歴史ある桜とついに出合ったと
 喜びひとしお左近の桜

ゴショサコンノサクラ150404b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2016年3月29日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「藪の内(ヤブノウチ)」です。

次のブログ記事は「黒百合(クロユリ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7