白絹(シラギヌ)

シラギヌ140510a-l.jpg

白絹(シラギヌ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの仲間の1つである。
別名を松前白絹(マツマエシラギヌ)という。
1963年に北海道の松前町で浅利政俊(あさり・まさとし, 1931-)さんによって作出された。
糸括(イトククリ)と虎の尾(トラノオ)の実生(みしょう:接ぎ木ではなく苗から育てること)から選抜した品種である。
樹高は5メートルから10メートルである。
樹形は傘状である。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月の上旬から中旬である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花は淡い紅色をした八重咲きの大輪で、垂れ下がって咲く。
花弁数は12枚から18枚である。
花つきがよく、花の重さで枝がたわむこともあるという。
萼筒は鐘形、5枚の萼片は披針形(笹の葉のような形)である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
写真は5月に北海道松前町の桜見本園で撮った。
学名:Prunus lannesiana 'Matsumae-shiraginu'

★垂れ下がる薄紅の花の美しさ
 際立たせたる紅の萼片

シラギヌ140510b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

桜図鑑

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2015年5月 1日 16:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大琉球(オオリュウキュウ)」です。

次のブログ記事は「新珠(アラタマ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7