ロドリゲジエラ・ハンドロイ

ロドリゲジエラ・ハンドロイ091129a-l.jpg

ロドリゲジエラ・ハンドロイはラン科ロドリゲジエラ属の多年草である。
属名の読み方は「ロドリゲシエラ」とするものもある。
オンシジウム属の近縁種でブラジルに6種分布する。
本種はブラジルのサンパウロ州に分布し、山地の森の中に生える着生種である。
異名をゴメサ・ハンドロイ(Gomesa handroi)という。
草丈は15センチから20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1センチくらいの小さな花をたくさんつける。
花の色は緑色である。
唇弁は白く、黄色い突起がある。
属名の Rodrigueziella はギリシャ語の「Rodriguezia(ロドリゲジア属)+-ella(縮小形)」からきている。
種小名の handroi はブラジル人のラン収集家「ハンドロイ(Handroi)さんの」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Rodrigueziella handroi

★あまりにも蘭の分類細かすぎ
 少しまとめて欲しいものだね

ロドリゲジエラ・ハンドロイ091129b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年12月17日 13:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メソスピニディウム・パナメンセ」です。

次のブログ記事は「コンドロリンカ・レンディアナ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7