オンシジウム・ヘテランツム

オンシジウム・ヘテランツム100111d-l.jpgオンシジウム・ヘテランツムはラン科オンシジウム属の常緑多年草である。
属名の詠み方は「オンキディウム」とするものもある。
ベネズェラ、ペルー、ボリビア、コロンビア、ブラジルなどに分布し、標高200メートルから2900メートルの熱帯雨林に生える着生種である。
草丈は70センチから120センチくらいある。
葉は楕円形である。
開花時期は冬から春である。
長い花茎の先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花径は2センチに満たない。
唇弁は黄色い。
花の色は黄色のものもある。
属名の Oncidium は、ギリシャ語の「onkidion(小さな突起)」からきている。小さな突起のある唇弁の形を表したものである。
種小名の heteranthum は「いろいろな花のある」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Oncidium heteranthum

★いろいろな変化の見える花らしい
 他の色にも出会ってみたい

オンシジウム・ヘテランツム100111a-l.jpg

オンシジウム・ヘテランツム100111c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2010年2月28日 16:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オンシジウム・パピリオ」です。

次のブログ記事は「大霧島海老根(オオキリシマエビネ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7